healthfoodreportⓇ

健康食品を知る「ヘルスフードレポートhealthfoodreport」Ⓡ登録商標山の下出版著作権所有Ⓒ

マイタケ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

マイタケ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ マイタケ 2018収載 2019収載
素材 マイタケ
1997市場規模 10
1997市場動向 グルカン等免疫機能が報告されている成分含有。機能成分について、素材自体及び製品の含有量情報を適切に。
1998市場規模 30
1998市場動向 免疫賦活機能成分・高分子多糖体含有。機能発揮量摂取のためには、高濃度品開発が必要となる。
1999市場規模 40
1999市場動向 ポイントは機能発揮摂取量及び製品内容量。製品金額チェック必要。高濃度品開発、価格適正化が課題。
2000市場規模 50
2000市場動向 菌糸体も含め免疫機能について、適切な情報提供必要。正確な臨床データ積み重ねを。大量継続摂取必要との指摘。
2001市場規模 50
2001市場動向 機能発揮には大量継続摂取必要のため高濃度品開発。研究、研究者の広がり必要。機能成分量と価格検討を。
2002市場規模 50
2002市場動向 免疫賦活機能について臨床例、機能発揮量も含め確実な情報提供必要。茸類素材の中の位置付け再検討を。
2003市場規模 40
2003市場動向 肝臓対応機能再度整理必要。ポイントとなる機能発揮量・期間明示し、継続摂取の大切さ理解得る努力を。
2004市場規模 50
2004市場動向 高分子多糖体免疫賦活機能に加え独自蛋白循環器系対応機能提案される。子実体、菌糸体、独自培地栽培体選択。
2005市場規模 50
2005市場動向 機能成分研究続けられる。示される特定機能成分への利用者理解必要。判りやすいデータ提供を。
2006市場規模 50
2006市場動向 摂取方法が利用者の最大関心。臨床内容取得。研究重ねられていく必要。製品形態あらためて見直す動きも。
2007市場規模 40
2007市場動向 これまでの臨床研究内容整理し提示。継続利用者に対し摂取方法重ねて示す必要。さらにモニター提案。
2008市場規模 30
2008市場動向 継続利用者への情報提供重要。機能内容、体感自覚期間、継続摂取方法について適切に。免疫賦活機能研究継続。
2009市場規模 30
2009市場動向 比較される茸との特徴、違いを丁寧に説明。機能につながる成分の情報提供。継続摂取方法に関心。
2010市場規模 30
2010市場動向 免疫機能と発揮量、摂取方法が課題。一定量大量摂取。肝機能、コレステロール対応機能データ示し利用図る。他茸素材との比較だけでなく、原料
品質等の信頼得る方向も。
2011市場規模 30
2011市場動向 抽出物エキス品の個別の継続摂取方法(品質、摂取量、期間、再摂取時期など)が利用者の最大関心。食生活摂取量との比較により機能評価。他茸
素材との比較必要。
2012市場規模 20
2012市場動向 期待される免疫系各種生理機能。個人による、健康状況による摂取方法が課題。医薬品レベルの指標もとめられる。滋養、元気、若さ対応分野の開
発も検討。
2013市場規模 10
2013市場動向 食材としての利用と健康食品としての利用の違い情報提供。健康維持、医薬品併用、予防など目的ごとに整理し普及図る必要。あたらめて食品分野
用途開発も。
2014市場規模
2014市場動向
2015市場規模:
2015市場動向:
2016市場規模:
2016市場動向:
2017市場規模:
2017市場動向:
2018市場規模: