healthfoodreportⓇ

健康食品を知る「ヘルスフードレポートhealthfoodreport」Ⓡ登録商標山の下出版著作権所有Ⓒ

ポリフェノール/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

ポリフェノール/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ ポリフェノール  2018収載 2019収載
1997市場規模
1997市場動向
1998市場規模
1998市場動向
1999市場規模
1999市場動向
2000市場規模
2000市場動向
2001市場規模 30
2001市場動向 各種ハーブ、種子油、樹皮等から抽出。抗酸化機能は目的幅広い。美容、老化予防の分野で製品化進む。
2002市場規模 50
2002市場動向 美容、ダイエット素材として認知。抗酸化機能の具体的数値示されるべき。ブドウの他リンゴ由来素材に伸び。
2003市場規模 60
2003市場動向 各種素材提案される。それぞれの特徴提示必要。抗酸化機能と健康つなげる研究進められる。飲料採用促す動き。
2004市場規模 80
2004市場動向 老化対応機能成分として様々な素材と組み合せ配合。原料由来選択の基準必要に。具体的な健康との関係データ開示も。
2005市場規模 90
2005市場動向 各種素材が提案されており、各内容説明必要。積極予防目的の継続摂取方法を科学的に示すべき。
2006市場規模 100
2006市場動向 美容機能解明始まる。摂取方法等データ提供を。体感自覚素材としてモニター提案も。種類多いため独自性打出す必要有。
2007市場規模 100
2007市場動向 コラーゲン産生促進機能のデータで採用提案。美容素材として位置付け確保。飲料分野落ち着く。
2008市場規模 100
2008市場動向 引き続きコラーゲンとの組合せで提案。関節対応との関係探る。体感機能について整理し提案を。摂取量の見直しも。
2009市場規模 100
2009市場動向 各種素材由来原料の内容、特徴示し製品設計。違いを判りやすく指摘、機能成分の高単位品や自覚体感製品に動き。
2010市場規模 100
2010市場動向 含有素材名で普及していく様相。総合機能発揮量、継続摂取方法等判りやすく説明を。脂肪燃焼機能。新型インフルエンザ対応機能示され始める。
2011市場規模 90
2011市場動向 コラーゲン産生促進機能受け、美容、関節対応分野で採用進む。抗酸化機能でも、女性、高齢者分野可能性広げる。原料内容選択情報を利用者に提
供。
2012市場規模 120
2012市場動向 体感自覚できるコラーゲン産生促進機能から老化予防、不定愁訴対応、元気回復機能へと幅を広げ普及。その際に求められる体感自覚摂取方法や
組合わせ素材検討。
2013市場規模 150
2013市場動向 若さ維持で性別、年齢層問わず幅広く支持される。美容機能成分としての認知高い。多くは他の素材との組み合わせ検討し目的、対象を明確にする
傾向。飲料分野でも広がり。
2014市場規模 150
2014市場動向 ビタミンE機能製品期待されるも、通販約10万人・50万個からまだ伸びず。Otc医薬品通販自由化で参入増見込。利用者にどの製品が選択されていく
のか見極め、製品開発。
2015市場規模: 130
2015市場動向: 含有ビタミンE機能、コラーゲン産生促進美容機能の他にも様々な機能があり、製品、対象により絞って提案必要。漠然とした若さ維持機能では理解
進まず。由来素材示す。
2016市場規模: 120
2016市場動向: 若さ維持、美容機能面様々な素材との組合せ設計のなかで評価。まだ利用者に広く理解されるまでには至らないため情報提供必要。肌機能など判り
やすい例示し説明。
2017市場規模: 100
2017市場動向: 「抗酸化力」機能性表示分野での普及図る。若さ、美容などビタミンE関連素材組合せ。種子油由来原料多い。女性だけでなく男性理解図る取組み必