healthfoodreportⓇ

健康食品を知る「ヘルスフードレポートhealthfoodreport」Ⓡ登録商標山の下出版著作権所有Ⓒ

マカ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

マカ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ マカ20091007 2018収載 2019収載
素材 マカ
1997市場規模
1997市場動向
1998市場規模
1998市場動向
1999市場規模
1999市場動向
2000市場規模
2000市場動向
2001市場規模
2001市場動向
2002市場規模
2002市場動向
2003市場規模 10
2003市場動向 滋養対応素材として市場に定着するか。女性への機能も指摘されている。生理機能内容提示されるべき。
2004市場規模 20
2004市場動向 新規通販採用により参入増の見込。男性、女性対象滋養対応素材。海外生理機能データ提供を。
2005市場規模 20
2005市場動向 利用者体感情報による広がり。家族での摂取提案。これまでに得られている科学的データ提示を。
2006市場規模 20
2006市場動向 体感素材として輸入量増。参入増。一定規模にまで拡大する可能性。全国で通販モニター提案。
2007市場規模 30
2007市場動向 男女共体感素材として支持広がる。臨床例としてデータ重ねる努力を。原料品質確保する必要有。
2008市場規模 40
2008市場動向 体感自覚体感素材として着実な伸び。そのメカニズム解明の研究情報を。男女両方でのデータ増。さらに認知度上げる努力必要。
2009市場規模 50
2009市場動向 引き続き体感素材として認知広がる。女性利用者の反応多い。日常的な摂取方法の情報提供を。
2010市場規模 60
2010市場動向 滋養素材として男女問わず体感できるとの声の広がり。一定品質以上での継続利用。原産地情報。欧米でのバックデータ等示す。
2011市場規模 70
2011市場動向 滋養、疲れ対応体感自覚素材として支持増。年齢性別問わず機能確認できることから、試用展開模索。継続摂取方法に関心。高齢者分野にもあらた
めて提案必要。
2012市場規模 60
2012市場動向 幅広い機能の内、話題の男女性「不妊」対応以外の、老化予防、若さ対応、また元気回復を体感できる製品開発期待。その機能成分メカニズム情報提
供し、試用展開を。
2013市場規模 50
2013市場動向 改善自覚体感による広がり。引き続き男女問わない支持。まだ認知していない人への情報提供探る。試用展開によりアプローチ。一定品質の素材提
供必要。
2014市場規模 50
2014市場動向 強壮素材として認知。目的を明確にした製品形態、製品名・デザイン増。日常摂取提案模索。粉末、顆粒で飲料等に混ぜることも。継続利用での幅広
い健康機能示す。
2015市場規模: 50
2015市場動向: エナジードリンク採用増。男女問わず利用広がる方向。機能成分内容、機能発揮量、メカニズム含め示す必要。治療の一貫としての利用理解広がるか
。認知度向上課題。
2016市場規模: 40
2016市場動向: 特徴的なアルコール対応機能だけでなく、性別、年齢問わず幅広い層での滋養対応機能で支持。エナジー(ドリンク)関連製品では定番化。継続摂取
の機能情報提供も。