healthfoodreportⓇ

健康食品を知る「ヘルスフードレポートhealthfoodreport」Ⓡ登録商標山の下出版著作権所有Ⓒ

2016市場動向概要/市場動向概要1998-2016山の下出版『ヘルスフードレポート healthfoodreportⓇ』Ⓒ

2016市場動向概要/市場動向概要1998-2016山の下出版『ヘルスフードレポート healthfoodreportⓇ』Ⓒ
月号            2016/01/05

    コード          2098

    タイトル          Health Food Report  ヘルスフード レポート   健康志向食品 市場動向     2016年


                  2016年市場動向 国内市場規模は微減の約9千億円
                  海外関連分野含み総合的に展開し可能性探る

                  2016年流通ルート 既存ルートの再編、構築図る動き増
                  利用者会員持つ化粧品、配置薬、通販で加速



                  2016年素材生理機能
                  届出特保タイプ食品機能性表示食品は出だし慎重 健常者改善データ取得が課題


                  2016年原料動向 化粧品分野原料メーカーの食品機能素材提案前向き
                  美容食品・飲料をあらためて開発


                  2016年加工動向
                  海外受託契約増の日本製健康食品のニーズ探る 国内短期ダイエット、市民ランナー向け分野
                  支持

                  2016年製品動向 自社健康食品ブランドでの特保、届出特保タイプ確保
                  市場性は独自自由表示設計製品で見極め

    月号            2016/01/06

    コード          2100

    タイトル          2016年市場動向 国内市場規模は微減の約9千億円
                  海外関連分野含み総合的に展開し可能性探る

                   2016年法人取扱事業者数は東日本約4千、西日本約3千で合計約7千が確認されている。法人
                  化に至る個人事業者確認数は約1万3千で前年比3割以上の減少となっており、インターネット等
                  を通じ新規参入が相次いだ段階は終了したとみられる。

                   踏みとどまる既存法人の生き残りをかけた状況となってきたともいえそうで、市場規模は微減の
                  約9千億円が推定されている。10年以上継続して営業確認されている事業者数は約2割で、市場
                  を支えている様子がうかがえる。

                   それぞれがこれまで維持してきた得意分野、独自素材を固めた上で、動きのある市場ニーズに
                  対応した新製品、新態勢を整えて対応している。大きな需要の見込めない国内市場で、厳しさを
                  持って取り組んでいるともいえそうだ。

                   昨年までは、海外分野売上げは1割までと公表してきた企業が、今後の事業計画をたてる中、
                  ウェイトを2~3割までに増やし、工場、代理店、利用者を海外に想定するよう作業を進めるまでに
                  なってきた。

                   一時的なブームを経営に含むことを避けてきた企業が、特定旅行者ニーズ、いわゆる「爆買い」
                  を正面からとらえ始めている。もちろん、一時的に終わることのないような手段、企業独自の方法
                  も検討されている。

                   国内、海外の市場、ニーズを総合的に把握し試行錯誤展開していくことで方向を探っている。そ
                  の動きの中心を狙っていかなければ、流れからはずれてしまうという危機感があるようだ。企業
                  独自の可能性を追求していく姿勢を打ち出す段階となってきた。


    月号            2016/01/07

    コード          2102

    タイトル          2016年流通ルート
                  既存ルートの再編、構築図る動き増 利用者会員持つ化粧品、配置薬、通販で加速

                   どの程度続くか見込めないが、活況を呈しているのはドラッグストア、量販店などのいわゆる特
                  定旅行者ニーズ「爆買い」「免税店」「海外カード」「旅行代理店」関連である。時期、人数、地域な
                  どが想定され、探し出され売上げが積み重ねられている。
                   国内の既存ルートの再編ともいえる動きも加速している。化粧品分野では、無店舗化粧品メー
                  カ-が地方OTC医薬品メーカーを取り込み、自社ブランド化粧品を販売、売上増を図っている様
                  子がうかがえる。


                   国内需要を対象とする企業が、利用者会員などを持ちすでに構築されている市場を自社に組み
                  込もうとする動きである。医薬品、健康食品の受託メーカーが既存のOTC医薬品メーカー、ジェ
                  ネリック医薬品メーカーを買収するという動きもある。

                   これらの動きに伴い、医薬品、食品、健康食品、化粧品メーカーの間の枠を越えた再編ともいえ
                  る状今日が各所で起き始めている。大手の動きに中小が抵抗しているという構図も生じている。
                  生き残りをかけてのものである。

                   通販分野では、独自素材、独自戦略を持ち売上増を重ねる専門メーカーや、「爆買い」を追い風
                  にしたメーカーが、大手も含む守りに入っているメーカーから利用者、売上げを奪い取るような様
                  相も呈している。

                   医薬品のインターネット販売自由化等により、少なくともこれまでのルートごとに分けられてい
                  た製品が、同じ画面で販売されるようになっている。当面はこれら動きの起きている市場、ルート
                  への対応を重ねながらそれぞれの態勢を整えていく模様。


    月号            2016/01/08

    コード          2104

    タイトル          2016年素材生理機能
                  届出特保タイプ食品機能性表示食品は出だし慎重 健常者改善データ取得が課題

                   昨年春からスタートした届出特保タイプ食品機能性表示食品は、初年度100アイテムを超えて
                  推移しており、出だし慎重な動きを示している。これまでの特保が約100素材200社1000アイテム
                  の市場を構成しており、これに向かう推移が想定される。

                   生理機能からは、健常者改善データ取得が必要となるため、比較的取りやすい健康数値関連
                  や、自覚可能な眼関連、整腸関連分野が多くなっている。機能表示内容を利用者が体感できると
                  思われる内容での届出である。

                   まだメーカー側の申請ため、結果としての利用者側の声、反応は整理されておらず、課題が多く
                  指摘されている。中でも、生理機能データ内容が「稚拙である」という深刻な指摘もあり、全体へ
                  の影響が懸念されている。

                   他にも、他社臨床データ利用、共有をどのようにしていくのか、データ保有機能成分と使用原料
                  との同定方法、医薬品とほぼ同じ表示がみられること、第三者による生理機能検証方法、等々あ
                  げられている。

                   一定期間後の見直しが初めから予定されており、改善はされていくとみられるが、一般利用者
                  の信頼を裏切るかたちが続くことは避けるべきである。いわゆる「届出」「投げ込み」書類受付行
                  政のひとつであり課題は多い。

                   野菜や果実なども増え注目が集まっているが、過去にも明らか食品、食材での機能表示は売場
                  で行われてきており、その時、その場合との違いについて説明が必要だ。海外輸出の場面での
                  取り扱い、現地表示もすでに具体的な検討が始まっている。


    月号            2016/01/09

    コード          2106

    タイトル          2016年原料動向 化粧品分野原料メーカーの食品機能素材提案前向き
                  美容食品・飲料をあらためて開発

                   酵素、発酵関連素材は引き続き好調な動きを示しており、まだ原料供給態勢が整わず、追い付
                  かないままOEMのみの限定した対応をしているメーカーも多い。これまで未利用の醸造関連原
                  料提案も行われるようになってきた。
                   一定の技術、期間が必要な日本的素材として評価されたものに集中しているのが現状である。
                  その意味では、海外原料との価格競争がない。しかしやがては、海外生産も視野に入ってくると
                  みられ、各社対応検討中である。


                   国内需要を対象とする化粧品メーカーは、大手の美容食品シリーズ化を目標に、一定の売上げ
                  割合まで高める方向で進んでいる。採用素材はビタミンC、E、コラーゲンなど基礎的で認知度の
                  高いものである。

                   特に目新しいものではなく、自社ブランド化粧品に付随、補完する美容食品に育てることが目的
                  である。すでに何度も市場化が試されてきたが、現在の取組みは企業本体で動く本格的な内容
                  となってきた。

                   化粧品自体の伸びの鈍さ、先行き見通しをを受けているとみられる。これを受け、化粧品原料メ
                  ーカーの食品原料取扱いも増えている。天然由来素材で食品使用可能なものからの提案となっ
                  ている。

                   飲料、ドリンク、サプリメントを提携あるいは子会社化し即応していく例も出始めた。継続支持、
                  利用者を持っているため動きは速いようだ。また、利用者ニーズを作り上げ、対応していかなけ
                  れば生き残れないという危機感もあるようだ。


    月号            2016/01/10

    コード          2108

    タイトル          2016年加工動向
                  海外受託契約増の日本製健康食品のニーズ探る 国内短期ダイエット、市民ランナー向け分野
                  支持
                   特定旅行者ニーズ「爆買い」による独自日本製健康食品への集中購入対応に追われている。
                  素材は、話題の酵素・発酵関連、高価格帯茸・ローヤルゼリー高麗人参・DHA魚油、ダイエット
                  対応製品、粉ミルク乳幼児製品など。

                   3個セットまとめ買いも特徴で、関係者によれば、これまでの知人への贈答目的から、現地での
                  販売目的へと変わってきている様子がうかがえるという。対応した取り組みをすることで売上げ
                  増につながるようだ。

                   これら日本製健康食品の原料供給、受託加工メーカーに対し、海外向けのOEM対応交渉も急
                  増している。窓口、対応スタッフを用意して、戦略を組み態勢を整えて準備が進められている。


                   国内需要で動きのある1500円短期ダイエット製品の品揃えに参入する例も増えている。ここ数
                  年500万個超のダイエット製品は数少なかったが、昨年は1000万個超の製品も登場し始めた。短
                  期ダイエット製品が実際に売れ始めている。

                   スポーツ分野でこれまで専門ブランド数社で独占、価格維持され固定化されてきた市場が、量
                  販店、ドラッグストアで市民ランナー向けプロテインアミノ酸関連素材で価格競争新規参入が続
                  いている。

                   強化選手向けなど特定利用者対象から100万人規模の一般利用者へと対象が拡大し、実際の
                  売上げにつながり始めた。中には品揃えが間に合わない状況が生まれている。オリンピックに向
                  けた動きともみられ、計画しながらの対応が必要となっている。


    月号            2016/01/11

    コード          2110

    タイトル          2016年製品動向 自社健康食品ブランドでの特保、届出特保タイプ確保
                  市場性は独自自由表示設計製品で見極め

                   これまで届出された製品内容からは、各メーカーが自社ブランドで一つ程度特保、届出特保タイ
                  プを確保する動きとなっている。先行した製品で市場の様子見状況である。まだ実際の売上達成
                  に至るものはない。
                   早くも市場での店販棚揃え後売行き不振から棚落ち、一時撤退を余儀なくされた製品も出てい
                  る。既存の特保コーナーがあることからまだコーナーどりは定まらず、価格帯も高いことから売場
                  では苦しんでいる様子である。


                   生鮮食品・食材から飲料・加工食品の定番コーナーで数点ずつ上梓されており、一般利用者に
                  はまだ認知されていない状況である。やはり特保並みに1000アイテム程度まで増えなければ市
                  場定番化はされない模様。

                   薬系ルートでは、OTC医薬品と同様の機能表示、包装もふくめ類似製品として並べられている
                  。TVコマーシャルなどを行う大手OTC医薬品メーカーブランドの市場規模は1000円・100万個・10
                  億円と意外と小さい。

                   ゾロ品と言われる類似品は1製品10万個・1億円以下の規模である。数多くの種類を揃えて事業
                  化しているのが現状である。自由化されたインターネット販売も含めた計画検討が必要となって
                  いる。

                   これら状況を踏まえ、市場性は許された範囲内での独自自由表示設計製品で見極めていくとし
                  ているメーカーが多い。微妙な表示内容変更も届出等作業・期間が必要だからだという。一般で
                  の認知、普及はまだ先が予想されている。