healthfoodreportⓇ

健康食品を知る「ヘルスフードレポートhealthfoodreport」Ⓡ登録商標山の下出版著作権所有Ⓒ

紅麹/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

紅麹/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ ベニコウジ 2018収載 2019収載
素材 紅麹
1997市場規模 5
1997市場動向 血中コレステロール対応、ダイエットのふたつの方向で普及。継続利用者を着実に増やしていく努力。
1998市場規模 10
1998市場動向 高齢化社会対応。血中コレステロール対応素材として徐々に普及。一般加工食品での赤色系色素としてのノウハウ活かし、採用図る必要。
1999市場規模 10
1999市場動向 自覚量及び特徴的状況啓蒙を。まだ血中コレステロール対応機能の認知進まず。色素機能、加工特性確認提示必要。
2000市場規模 5
2000市場動向 血圧対応機能について、どの段階から、どの程度継続摂取すればよいかなどのデータ啓蒙を。明らか食品への採用可能性探る。
2001市場規模 10
2001市場動向 血圧、血中コレステロール対応の研究進められる。同様機能他素材と組合せて製品化増える。
2002市場規模 10
2002市場動向 血圧対応素材として、数年前から提案されるが期待より拡大進まず。600t超色素用途市場からの製品設計再提案を。
2003市場規模 10
2003市場動向 血中コレステロール対応機能確認されるも、伸びにつながらず。適切に情報提供できる専門メーカー欲しい。
2004市場規模 10
2004市場動向 食品色素600t超。健食長く提案されるも採用広がらず。血中コレステロール対応機能臨床データ情報提供必要。
2005市場規模 10
2005市場動向 血中コレステロール対応機能認知さらに必要。機能性食品色素としての実績(採用食品等)提示を。
2006市場規模
2006市場動向
2007市場規模
2007市場動向
2008市場規模
2008市場動向
2009市場規模
2009市場動向
2010市場規模
2010市場動向
2011市場規模
2011市場動向
2012市場規模
2012市場動向
2013市場規模
2013市場動向
2014市場規模
2014市場動向
2015市場規模:
2015市場動向:
2016市場規模:
2016市場動向:
2017市場規模:
2017市場動向:
2018市場規模: 10
2018市場動向: 原料販売が薬系メーカーに移され市場に提案。機能性食品色素から始められ、その生理機能を発揮する食品、薬品へとどのように進んでいくのか。

新しい動きが注目される。