healthfoodreportⓇ

健康食品を知る「ヘルスフードレポートhealthfoodreport」Ⓡ登録商標山の下出版著作権所有Ⓒ

ホスファチジルセリン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

ホスファチジルセリン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ ホスファチジルセリン 2018収載 2019収載
素材 ホスファチジルセリン                                                                            ホスファチジルセリン
1997市場規模
1997市場動向
1998市場規模
1998市場動向
1999市場規模
1999市場動向
2000市場規模
2000市場動向
2001市場規模
2001市場動向
2002市場規模 10
2002市場動向 (PS)大豆機能成分。脳内機能メカニズム、臨床データ提示し判りやすく説明する必要有。独自素材としての位置付け模索。
2003市場規模 20
2003市場動向 訪販化粧品ルートで採用続く。40代以上とみられる販売員自身、顧客が利用者に。介護の場面に接する機会多いことが想定される。
2004市場規模 30
2004市場動向 脳内栄養定着するか。利用者継続率高く、主要製品に位置付けられる方向。機能内容さらに啓蒙。
2005市場規模 30
2005市場動向 普及には機能臨床データ等情報提供を。高齢化社会対応素材として明確な位置付け必要。組合せ素材選択考慮。
2006市場規模 30
2006市場動向 高齢化社会対応素材。体感後の継続摂取方法示す必要。日本での臨床研究追加求められる。
2007市場規模 30
2007市場動向 脳内機能、継続利用者に継続摂取方法示す必要。データ情報提供を。高齢者でも判るよう機能説明。
2008市場規模 20
2008市場動向 脳内機能メカニズム判りやすく説明する必要。体感性をどう評価していくか。予防的な摂取の意味も。ブレインフーズ。
2009市場規模 20
2009市場動向 「ブレインフーズ」として認知広がるか。海外での利用法及び利用状況の情報提供を。体感判断が難しくならないか課題。
2010市場規模 20
2010市場動向 (PS)健食分野での浸透緩やか。体感性、機能理解がまだ得られていない。実績のある海外でのデータ及び摂取の仕方を改めて紹介。
2011市場規模 20
2011市場動向 (PS)高齢者分野に積極提案。試用展開でどれくらい体感自覚できるか。具体的な自覚機能内容示し、本人、周辺の理解深める必要。継続摂取可能
な形態検討。
2012市場規模 10
2012市場動向 (PS)高齢者対応脳内成分として提案されるが、一時のような支持集まっていない。現在動きがみられる若さ、老化予防ポリフェノール等との組み合
わせ探る。
2013市場規模 10
2013市場動向 (PS)含有大豆素材での食品普及も提案。機能発揮量継続摂取で実感。飲料、粉末飲料、ふりかけ、デザート時利用など、高齢者分野でさらに手軽に
利用できる製品開発を。
2014市場規模
2014市場動向
2015市場規模:
2015市場動向:
2016市場規模:
2016市場動向:
2017市場規模: 10
2017市場動向: 脳機能の維持・向上、ストレス軽減への注目度あらためて高まる。提案され一定期間経つが、機能性表示食品として先行する素材との関係含め見直
し。
2018市場規模: 10
2018市場動向: (PS)脳内栄養素材として提案継続。認知対応分野でも海外では先行。具体的な製品形態、摂取方法の紹介を積極的に。ADHD(注意欠損多動性)対

応の報告も行われている。