healthfoodreportⓇ

健康食品を知る「ヘルスフードレポートhealthfoodreport」Ⓡ登録商標山の下出版著作権所有Ⓒ

ラフィノース/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

ラフィノース/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ ラフィノース1 2018収載 2019収載 公開
素材 ラフィノース
1997市場規模
1997市場動向
1998市場規模
1998市場動向
1999市場規模
1999市場動向
2000市場規模
2000市場動向
2001市場規模
2001市場動向
2002市場規模
2002市場動向
2003市場規模
2003市場動向
2004市場規模
2004市場動向
2005市場規模
2005市場動向
2006市場規模
2006市場動向
2007市場規模
2007市場動向
2008市場規模
2008市場動向
2009市場規模 10
2009市場動向 (ビートオリゴ糖)整腸、アレルギー(アトピー等)のデータがある機能性甘味料。吸湿性の無いことから、粉、顆粒、粒加工、簡易包装可能などの評価
高い。
2010市場規模 20
2010市場動向 (ビートオリゴ糖)腸内環境対応素材、吸湿しない甘味素材として定着。粉、顆粒、タブレット他簡易包装品が設計可能。市場では使いやすさから根強
い支持。
2011市場規模 20
2011市場動向 (ビートオリゴ糖)天然由来素材のため、規模急拡大は望めず。継続利用が多く原料供給責任重い。吸湿しない特性もあり、市場での増産の期待は大
きい。
2012市場規模 10
2012市場動向 (ビートオリゴ糖)腸内環境対応、アレルギー対応など免疫系機能の子供から高齢者まで体感自覚があり支持根強い。原料安定供給を維持するととも
に増産の可能性求められる。
2013市場規模 10
2013市場動向 (ビートオリゴ糖)天然原料として供給量が限られている。吸湿性の無い特徴から、粉末・顆粒・粒の加工、保存(製品の簡易包装可)面で評価、支持。
免疫機能研究継続。
2014市場規模
2014市場動向
2015市場規模:
2015市場動向:
2016市場規模:
2016市場動向:
2017市場規模:
2017市場動向: