healthfoodreportⓇ

健康食品を知る「ヘルスフードレポートhealthfoodreport」Ⓡ登録商標山の下出版著作権所有Ⓒ

メシマコブ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

メシマコブ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有


素材フリガナ メシマコブ 2018収載 2019収載
1997市場規模
1997市場動向
1998市場規模
1998市場動向
1999市場規模
1999市場動向
2000市場規模
2000市場動向
2001市場規模 5
2001市場動向 新しいキノコ素材として提案される。免疫賦活機能の研究データ提供を。他のキノコ素材との違い明らかに。
2002市場規模 20
2002市場動向 システム販売で1万個未満採用続く。免疫賦活機能発揮量継続摂取必要。コストも含め利用者に情報提供を。
2003市場規模 50
2003市場動向 診療所の他、個人・商店・法人向けバルク販売に伸び。新しいシステムとして注目。日本での機能検証早急に。
2004市場規模 80
2004市場動向 利用者向けバルク販売により、利用者が販売事業開始、規模拡大の方向。継続摂取方法臨床研究求められる。
2005市場規模 80
2005市場動向 関係機関等での臨床研究継続。免疫機能内容適切に示されるべき。海外情報入手し摂取。
2006市場規模 80
2006市場動向 臨床研究内容情報提供を。摂取方法が利用者の最大関心。クリニック等でも製品流通。会員ルートでの継続利用。
2007市場規模 60
2007市場動向 継続利用者継続。より摂取方法について臨床データ情報提供求める。裏付け、個別の摂取方法内容課題。
2008市場規模 50
2008市場動向 海外医薬品臨床データを参考に。継続利用者が代理店的役割をして提案する例も。原料各種有り、品質確保必要。
2009市場規模 40
2009市場動向 継続利用者、健康数値を把握しながら一定量摂取。どの程度の期間の摂取が報告されているのか。情報提供。
2010市場規模 30
2010市場動向 自己利用、家族利用、知人利用など、継続利用への便宜がはかられてきた面あり。摂取方法が最大の関心(量、機会、頻度、再利用等)。
2011市場規模 20
2011市場動向 免疫対応海外医薬品茸素材。研究データを広く公開しさらに内容確認を進めるべき。摂取方法情報提供。継続利用者必要素材。流通方法幅広げる方
向で。
2012市場規模 20
2012市場動向 ブーム時からの継続利用者の臨床例報告を。摂取状況分析し、課題である継続摂取方法について方向示す必要。利用者の負担を少なくするため、
引き続き継続購入方法も検討。
2013市場規模 10
2013市場動向 海外医薬品使用状況の情報提供。効能効果、継続摂取方法など関心度高い内容丁寧に。同じ原料、素材の利用方法(抽出等)、入手方法も。他の茸
素材との比較示す。
2014市場規模
2014市場動向
2015市場規模:
2015市場動向:
2016市場規模:
2016市場動向:
2017市場規模:
2017市場動向:
2018市場規模:
2018市場動向: