healthfoodreportⓇ

健康食品を知る「ヘルスフードレポートhealthfoodreport」Ⓡ登録商標山の下出版著作権所有Ⓒ

麦若葉/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

麦若葉/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ ムギワカバ 2018収載 2019収載
素材 麦若葉
1997市場規模 50
1997市場動向 ケールとともに青汁素材として定着。天然・無農薬・新鮮がコンセプト。粉末飲料追い風受ける。
1998市場規模 60
1998市場動向 無農薬等原料栽培方法の情報が製品差別化のポイントに。国内契約栽培原料に加え、海外原料の模索も。
1999市場規模 60
1999市場動向 システム代理店ルートで伸び。製品の判りやすさから、チラシ、ハガキ等直販通販展開も。「ケール」との違い明確化を。
2000市場規模 70
2000市場動向 「青汁」素材として伸び。含有成分、機能成分も含めケールと比較。食生活の中に定着する価格、形態の見直しも。
2001市場規模 70
2001市場動向 ケールの伸びに引き上げられる。これを参考に同様の製品形態、販売方法も検討必要。差別化が課題。
2002市場規模 100
2002市場動向 「青汁」素材。摂取しやすさ等ケールとの差別化継続課題。代替食・ダイエット食補助採用可能性探る。
2003市場規模 120
2003市場動向 製法検討し味追求へ。プロテイン、健康野菜、果実などと組合せた製品も登場。大麦の他小麦原料も。
2004市場規模 130
2004市場動向 ケール製品追いかける。味で差別化。製法、各種素材との組合せ、粉末品など様々な製品開発される。
2005市場規模 140
2005市場動向 様々な青汁製品等に採用される。原料内容について、生産方法から素材製造方法まで情報提示し提案。
2006市場規模 140
2006市場動向 粉末タイプ製品多種提案される。ケール素材製品との違い説明必要。摂取しやすい製品開発検討。
2007市場規模 140
2007市場動向 様々なルートで数多くの製品が普及。継続利用促す提案を。「青汁」の中の位置付け示す必要。
2008市場規模 150
2008市場動向 関節製品の動きをを把握。体感素材の模索も始まる。自社の会員、利用者に向けた提案からのマーケティング。「青汁」も増。
2009市場規模 160
2009市場動向 着実に普及する「青汁」素材。味の違い、他素材とのブレンドの仕方等奥が深い。利用者の声大切に。
2010市場規模 180
2010市場動向 健康茶メーカー参入。動きのある素材として採用増。原料や組合わせ「青汁」で差別化。継続利用者への働きかけ繰返す。消化管傷回復対応葉緑素
機能。アウトレット化も。
2011市場規模 200
2011市場動向 3包・1袋・\100の製品が店販に。TV通販1包・\50~\100円、ドラッグストア低価格品1包・\10~\20。利用者の選択により食生活継続摂取。牛乳との
組み合わせも提案。
2012市場規模 200
2012市場動向 牛乳、きな粉、生姜湯など馴染み易さから健康飲料組み合わせ提案。各ルート毎の価格帯でも品質追求される。喉越しの良い200~400メッシュ以上
望まれる。
2013市場規模 200
2013市場動向 粉末品の品質、細かさ、ココアなみの飲み易さ求められる。一杯50円以下の嗜好品飲料価格帯に落ち着く気配。他青汁素材との複合製品増。
2014市場規模 200
2014市場動向 利用価格帯は店販普及に伴い一杯20~50円にまで下がる傾向。一定価格帯維持製品支持。両方に分かれる。味、組合せ素材などでも選択。原料内
容利用者関心高い。