healthfoodreportⓇ

健康食品を知る「ヘルスフードレポートhealthfoodreport」Ⓡ登録商標山の下出版著作権所有Ⓒ

松樹皮抽出物/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

松樹皮抽出物/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ マツジュヒチュウシュツブツ 2018収載 2019収載
素材 松樹皮抽出物
1997市場規模 5
1997市場動向 抗酸化機能/アントシアニジン及び血中コレステロール対応機能/β-シト-ステロール等で提案始まる。
1998市場規模 10
1998市場動向 老化予防製品として欧米で伸びているフラボノイド抗酸化機能素材。含有成分のβ-シトステロール等植物性ステロールもダイエット成分で注目。
1999市場規模 10
1999市場動向 強い抗酸化機能。新たに心臓、脳卒中リスク対応(血小板凝集対応)報告示される。市場での新たな位置確保の可能性。
2000市場規模 10
2000市場動向 市場定着化図る動き進行。抗酸化機能の幅広い生理機能の内、特徴的な生理痛等PMS対応機能を女性に提案。循環器系対応素材。
2001市場規模 30
2001市場動向 訪販で採用されはじめ、年内にも一定の市場形成される模様。女性対象(生理痛等PMS対応機能等)素材としてその広がりが期待される。
2002市場規模 40
2002市場動向 複数の原料素材提案される。独自品質の内容提示必要。強い抗酸化機能特徴。対応各種健康(婦人対応等)データ提供も。
2003市場規模 60
2003市場動向 参入、採用増。子宮内膜対応で注目。次の段階として松樹皮から抽出したリグニン、MSN等が提案される。
2004市場規模 70
2004市場動向 採用製品継続増加。毛細血管血流対応機能製品を利用者が探す(子宮内膜等)。化粧品採用急増。
2005市場規模 70
2005市場動向 次々と登場する抗酸化機能素材との差別化必要に。幅広い機能所有。女性対象製品に多く採用される傾向。
2006市場規模 80
2006市場動向 子宮内膜等機能体感認知進められる。美容抗酸化機能保有で、女性対象製品に幅広く採用。
2007市場規模 80
2007市場動向 美容分野に浸透。コラーゲン等他の美容素材とのメカニズム内容情報提供を。一定機能品質内容示す必要。
2008市場規模 80
2008市場動向 優れた抗酸化機能で様々な例有り。情報提供。美容対応機能をどう体感させるか。中高年対応機能も。
2009市場規模 80
2009市場動向 数値化した抗酸化機能データを基に、各種対応。摂取方法も含め新規利用者に情報提供。
2010市場規模 70
2010市場動向 優れた抗酸化機能素材として健食、化粧品分野での広がり。一般加工食品ではまだ普及に至らず。認知、判りやすさ、コスト等を再検討。
2011市場規模 60
2011市場動向 健康食品、化粧品で抗酸化機能素材として採用され支持厚い。高齢者に向けた製品開発提案検討。試用展開での摂取量、期間等継続摂取方法モニ
ターも。
2012市場規模 50
2012市場動向 優れた老化予防対応機能、他素材との組合わせによりさらに発揮、再び、理解広まる動き。ポリフェノール全般への関心度上昇。コスト面からどこまで
試用できるか。
2013市場規模 40
2013市場動向 「若さ維持」美容、老化予防ポリフェノール素材として市場に普及した後、組み合わせ素材のひとつとして位置づけ。改善自覚体感度の優れた部分を
打ち出す試み行われる。
2014市場規模 40
2014市場動向 紹介され10年以上経過。幅広い年齢層に多様な抗酸化機能、「若さ」機能が特徴。継続摂取による体感度の高い。品質、機能成分内容情報提供必要
。海外利用状況紹介。
2015市場規模: 40
2015市場動向: 媒体を通じ女性への健康維持、改善機能素材認知がすすめられてきている。特定症状改善自覚により普及される。より幅広い年代層への提案必要。
エイジング対応実績有。
2016市場規模: 40