healthfoodreportⓇ

健康食品を知る「ヘルスフードレポートhealthfoodreport」Ⓡ登録商標山の下出版著作権所有Ⓒ

マグネシウム/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

マグネシウム/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ マグネシウム 2018収載 2019収載
1997市場規模 5
1997市場動向 微量ミネラル表示の流れを受け、胚芽、豆類、緑黄色野菜、海藻類などに関連した製品に積極表示の動き。天然塩のにがり成分としても認知。
1998市場規模 10
1998市場動向 Ca:Mg=2:1配合バランス提案始まる。既存のカルシウム製品の差別化のひとつとして支持される。
1999市場規模 20
1999市場動向 カルシウム関連製品のリニュアル品開発に採用進む。あらためて生理機能を示すとともに、日常食生活での摂取状況把握を。
2000市場規模 20
2000市場動向 カルシウム(リニュアル採用品)の伸びに引き上げられるかたちで成分認知少しずつ進む。生理機能についてはこれから。
2001市場規模 30
2001市場動向 カルシウムとのバランスを整えた製品普及進む。日常摂取量・不足量、生理機能についての啓蒙必要。
2002市場規模 50
2002市場動向 単独ではなくカルシウムとの組合せで拡大。サプリメントから飲料まで次々と採用される。原料内容の選択の段階へ。
2003市場規模 50
2003市場動向 引き続きカルシウム2:マグネシウム1で広がり。独自機能(心臓、腎臓、神経対応等)の啓蒙、製品開発必要。
2004市場規模 50
2004市場動向 栄養ではカルシウムとの組合せ一般化の方向。健食積極選択摂取には特定健康改善データ示し啓蒙必要。
2005市場規模 60
2005市場動向 まだカルシウムに頼る状況。含有する食品素材例示すとともに、独自機能の啓蒙必要。原料由来も選択の基準。
2006市場規模 50
2006市場動向 各種オリゴ糖、カルシウムとともに吸収促進機能打出す。製品設計見直す動き。栄養機能内容情報提供を。
2007市場規模 40
2007市場動向 吸収促進オリゴ糖情報発信。カルシウムとの栄養機能認知進められる。天然塩のにがり成分機能研究内容情報提供を。
2008市場規模 30
2008市場動向 カルシウムとの組合せ定着する方向で。高齢化社会対応素材として認知度上げる工夫。一定量摂取するための製品形態検討を。
2009市場規模 20
2009市場動向 名前認知と生理機能認知広める努力を。由来原料も。その上で、Caとの組合せも含めた採用提案を。
2010市場規模 10
2010市場動向 「にがり」単独製品としての愛用者は根強い。その味から、普及拡大に至らず。カルシウムとの組み合わせ素材として健食市場で採用。
2011市場規模 10
2011市場動向 カルシウムとの複合素材としての位置づけ。同素材による健康維持、直接的な体感自覚は判りにくいことから情報提供必要。試用の方法検討。「にが
り」成分愛用者有り。
2012市場規模 10
2012市場動向 機能性ミネラル。カルシウムと組み合わせ普及。天然塩にがり成分としても認知。単一での摂取ブームもあったが一時的なものに。総合的にミネラル
を評価し積極的な摂取提案。
2013市場規模 10
2013市場動向 ブームとしての「にがり」味健康食品は一過性。日常食生活でのカルシウムとのバランス摂取などに関心向けるべき。含有食材、含有食品認知度低
い。
2014市場規模
2014市場動向
2015市場規模:
2015市場動向:
2016市場規模:
2016市場動向:
2017市場規模:
2017市場動向:
2018市場規模:
2018市場動向:


■『2018事業者一覧B5判200頁。9,800円送料300円。収載『流通ルート1998-2018』/収載広告/山の下出版『ヘルスフードレポート healthfoodreport登録商標Ⓡ』著作権所有Ⓒ