healthfoodreportⓇ

健康食品を知る「ヘルスフードレポートhealthfoodreport」Ⓡ登録商標山の下出版著作権所有Ⓒ

食物繊維/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

食物繊維/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ ショクモツセンイ 2018収載
素材 食物繊維
1997市場規模 400
1997市場動向 ダイエット素材、腸内環境対応素材として各種の素材が紹介され商品化続く。昨年の流れを受け、粉末飲料化が開発のポイントに。
1998市場規模 400
1998市場動向 腸内環境対応機能の延長線上にある、免疫賦活機能の研究進められる。素材の種類、内容、臨床データ増える傾向。
1999市場規模 400
1999市場動向 従来のダイエット機能から腸内環境対応、免疫機能に注目移る。新たに、環境ホルモン排泄機能にも。
2000市場規模 380
2000市場動向 数多くの種類が提案されているため、生理機能について差別化求められる。腸内環境対応、血中コレステロール対応、脂質排泄、環境ホルモン等排
泄。
2001市場規模 400
2001市場動向 ダイエットから免疫賦活まで幅広い機能。腸内環境対応機能が医家向健康食品(食事代替・副食)のかたちで見直される方向。
2002市場規模 420
2002市場動向 ダイエット食分野に広がり。各種原料素材の特徴打ち出し差別化。脂質排出、腸内環境対応等機能内容示す方向。
2003市場規模 380
2003市場動向 ダイエット分野減。腸内環境対応、免疫賦活機能に目が向けられる。グルカン、リグニンなど繊維質成分内容へと関心推移。
2004市場規模 400
2004市場動向 あらためて各種食物繊維機能・特徴整理。組合せ素材、ダイエット脂肪燃焼系と免疫賦活高分子多糖体系に関心分かれる。
2005市場規模 400
2005市場動向 ダイエット機能から免疫賦活機能まで幅広い機能の中から焦点を絞り製品開発。吸収、排出のメカニズムと生理機能との関係明確に示す必要。
2006市場規模 380
2006市場動向 明らか食品分野で一定量含有表示製品急増。腸対応目的加工食品コーナーどりも。原料種類豊富。高分子多糖体機能、摂取方法を示せる段階にな
るか。
2007市場規模 380
2007市場動向 麦、とうもろこし等由来原料が一般加工食品製品で数多く採用、静かに表示広がる。ダイエット分野今後採用検討。
2008市場規模 360
2008市場動向 高含有機能性穀物素材が各種提案される。藻類、ハーブ等もあらためて高含有打出す。便性対応等短期間での体感設計。スーパー・レジ周り商品と
して採用例も。
2009市場規模 360
2009市場動向 明らか食品での含有表示増。機能発揮量、含有量重視の製品も。飲料も含め特保製品増。加工特性としての保水、保油機能も注目。
2010市場規模 340
2010市場動向 幅広い生理機能の内、体感できる便性対応など判りやすさをあらためて提案。免疫対応分野はこれまでのデータ積重ね示す。継続摂取方法、最新の
データは積極的に公表。
2011市場規模 300
2011市場動向 菓子から加工食品まで、整腸機能を打ち出す製品に広く採用される。機能発揮量、体感自覚量摂取がポイント。サプリメントとして、どのように普及し
ていくのか課題。
2012市場規模 280
2012市場動向 40代以上を対象としたダイエット市場形成する動き。新聞広告、チラシ展開増。様々な素材の組み合わせにより、試用による体感自覚製品開発する方
向。
2013市場規模 230
2013市場動向 期待される40代以上、実感、若さ維持型ダイエット市場。便性改善など判りやすさ、手軽さ、値頃感などで素材評価。お試し、モニター期間での体験に
より継続利用。
2014市場規模 220
2014市場動向 便性改善自覚できる、吸水性素材含有製品支持。酵素、乳酸菌、藻類等との組み合わせ増。試供品摂取後体感し継続利用。ダイエット関連分野での
提案も検討。
2015市場規模: 260
2015市場動向: 血圧、血糖値等健康数値改善特保機能は清涼飲料ブームに流される傾向。便性改善体感自覚機能継続して支持。ダイエット分野「スムージー」で若
い世代戻る。
2016市場規模: 250
2016市場動向: ダイエット対応サプリメントとして、便性改善機能が再び注目され、2週間分パック製品での動きが活発化。血圧・血糖値対応機能性飲料は一般清涼飲
料との価格差が課題。
2017市場規模: 250
2017市場動向: 食事分排泄、カロリー排除など体の外に出す機能と、糖質他体に入るものを制限する機能・方法両方関心。何度も繰り返されるブームにも工夫・変化
が加えられる。





出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部