healthfoodreportⓇ

健康食品を知る「ヘルスフードレポートhealthfoodreport」Ⓡ登録商標山の下出版著作権所有Ⓒ

シャンピニオン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

シャンピニオン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ シャンピニオン 2018収載
1997市場規模 30
1997市場動向 各ルートの原料代理店積極展開で健食、菓子などアイテム数急増。今後も腸内環境対応素材と組み合わせで動く模様。
1998市場規模 40
1998市場動向 消臭機能に加え、腎機能対応データも。透析予備軍への改善データ提供。さらに、マッシュルーム由来・高分子多糖体の免疫賦活機能研究も進めら
れる予定。
1999市場規模 40
1999市場動向 アメ、ガム、錠菓等消臭対応製品に広く採用され定着化へ。生理機能発揮素材としての認知(腎機能、免疫賦活)にはさらに啓蒙必要。
2000市場規模 40
2000市場動向 消臭に加え腎機能対応、免疫の研究引き続き進められる。健康時摂取をどう提案していくかが課題。
2001市場規模 40
2001市場動向 飲料の他菓子等明らか食品での採用落ち着く。新形態模索も。腎臓対応、免疫素材、介護・高齢化社会対応素材としても。
2002市場規模 40
2002市場動向 消臭機能から体内環境機能(アンモニア発生リスク対応による腎臓、肝臓等への機能)、免疫賦活機能へ。
2003市場規模 40
2003市場動向 腎臓、肝臓対応機能研究継続。腸内環境対応素材。免疫賦活機能も確認の方向。消臭機能面、介護関連は落ち着く。
2004市場規模 30
2004市場動向 消臭機能素材として市場認知済。次の段階、腸内環境対応、免疫賦活素材としての普及までには至らず。
2005市場規模 20
2005市場動向 定着した消臭機能と健食各素材との具体的な組み合せ模索。免疫賦活等他の健康機能内容、積極的に情報提供を。
2006市場規模 20
2006市場動向 採用製品継続。高齢化社会対応機能、モニター展開等での啓蒙必要。免疫賦活等新たな機能分野模索。
2007市場規模 20
2007市場動向 消臭機能素材として定着。腎臓、肝臓対応機能、免疫賦活機能等情報提供を。他の素材との組合せ方模索。
2008市場規模 20
2008市場動向 新たな口中清涼食品の広がりへの提案。タブレットのソフト化、大型化。施設給食など消臭機能素材への期待度高い。
2009市場規模 20
2009市場動向 施設給食等業務用分野でのニーズ開拓。家庭用分野製品広げ認知度高める工夫を。
2010市場規模
2010市場動向
2011市場規模
2011市場動向
2012市場規模
2012市場動向
2013市場規模
2013市場動向
2014市場規模
2014市場動向
2015市場規模:
2015市場動向:
2016市場規模:
2016市場動向:
2017市場規模:
2017市場動向:




出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部