healthfoodreportⓇ

健康食品を知る「ヘルスフードレポートhealthfoodreport」Ⓡ登録商標山の下出版著作権所有Ⓒ

γ-アミノ酪酸(GABA)/市場動向1997-2016健食素材50音順(末端規模推定 /億円)「ヘルスフードレポート/Health Food Report」登録商標山の下出版著作権所有

γ-アミノ酪酸GABA)/市場動向1997-2016健食素材50音順(末端規模推定 /億円)「ヘルスフードレポート/Health Food Report」登録商標山の下出版著作権所有
 
  素材フリガナ ガンマーアミノラクサン
 素材 γ-アミノ酪酸
 1997市場規模
 1997市場動向
 1998市場規模
 1998市場動向
 1999市場規模
 1999市場動向
 2000市場規模
 2000市場動向
 2001市場規模
 2001市場動向
 2002市場規模 20
 2002市場動向 GABA)発芽玄米機能成分として認知広がり始める。「無洗米」も追風。日常食生活の身近な素材として位置付け。米糠、ビート、乳他原材料選択が
 次の段階。
 2003市場規模 30
 2003市場動向 GABA)発芽玄米、米糠、ビート、乳由来機能成分として幅が広がる可能性。機能内容情報提供積極的に。
 2004市場規模 30
 2004市場動向 GABA)発芽玄米機能成分で認知図られる。体感自覚等、より具体的な例で普及進める必要。
 2005市場規模 40
 2005市場動向 GABA)新素材採用飲料登場。発芽玄米機能成分の臨床研究続けられる。毎日摂取製品採用図る。
 2006市場規模 40
 2006市場動向 GABA)生活習慣対応素材として機能理解進める。機能体感期間示し提案必要。さらに研究継続を。
 2007市場規模 40
 2007市場動向 GABA)発芽玄米機能成分としての認知進められる。数多くの生理機能の中から自覚できる例示し情報提供必要。
 2008市場規模 30
 2008市場動向 GABA)菓子等明らか食品での採用急には広がらず。自覚の体感性情報提供を。原料由来示す例も。
 2009市場規模 30
 2009市場動向 GABA)認知度上げる努力さらに必要。試用キャンペーンにより目的、コンセプトを認識。複数ルートでの参入欲しい。
 2010市場規模 30
 2010市場動向 GABA)基本となった玄米含有成分の提案をもう一度。継続利用での体感、役割を示す必要。加工食品提案や食事時、料理時提案を。
 2011市場規模 20
 2011市場動向 GABA)発芽玄米含有機能成分として提案されるが認知定番にまでは至らず。菓子、チョコレート、飲料等展開に参入増えるか。試用体感自覚まで
 待てるかが課題。
 2012市場規模 10
 2012市場動向 GABA醤油」支持広がるか。原料内容打ち出す。米、菓子の他調味料分野での健康機能含有・配合期待。組み合わせビタミン、ミネラル他何が受け
 入れられるか可能性模索。
 2013市場規模 10
 2013市場動向 リラックス、精神安定分野素材として再評価の動き。日常食生活での摂取量、目安量情報整理し提供必要。「GABA」含有調味料、食品品揃え進むか
 
 2014市場規模 10
 2014市場動向 GABA)発芽玄米機能成分として紹介された後、配合サプリメント、菓子などで定番化されている。調味料分野でも採用製品がみられる。健康機能発
 揮摂取量、体感自覚量を示し提案を。
 2015市場規模: 10
 2015市場動向: GABA)発芽玄米など穀物や醤油など調味料で高く含有する製品を日常食生活に提案。血圧など改善自覚の体感が得られる数値示す。美容分野開
 拓を契機に利用者増やす例。
 2016市場規模: 10
 2016市場動向: GABA酵素、発酵、スムージーなど現在支持されている製品で採用進められる。基礎的な健康数値改善面を踏まえた、美容、ダイエット対応分野素
 材としての動き。
 
20171_20160907867kb
出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
【出版物1】
■『ヘルスフードレポート/Health Food Report(登録商標)健康志向食品市場動向 2017年』
体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/2017年市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。
…………………………………………………………………………………………
【見積書】