healthfoodreportⓇ

健康食品を知る「ヘルスフードレポートhealthfoodreport」Ⓡ登録商標山の下出版著作権所有Ⓒ

2001市場動向概要/市場動向概要1998-2015山の下出版『ヘルスフードレポート healthfoodreportⓇ』Ⓒ

2001市場動向概要/市場動向概要1998-2015山の下出版『ヘルスフードレポート healthfoodreportⓇ』Ⓒ
月号            2001/01/05
    コード          926
    タイトル           Health Food Report  ヘルスフード レポート   健康志向食品 市場動向     2001
                  年
                  2001年市場動向 無店舗ルート拡大  市場規模二ケタ増の約8,000億円に

                  2001年流通ルート 様々なネットワーク販売登場 内容見極め各ルートの特性判断し展開を


                  2001年素材生理機能 食薬区分使用部位から特定成分の方向  規制緩和素材リニュアル採用
                  進む

                  2001年加工動向 スーパーマルチタイプ製品模索  天然素材が本来含有する成分の内容再検討

                  2001年原料動向 特保素材から個別評価型素材へと関心推移  医家向け健康食品開発続けら
                  れる

    月号            2001/01/06
    コード          936
    タイトル          2001年市場動向 無店舗ルート拡大     市場規模二ケタ増の約8,000億円に

                   特に動きのある素材、大型の素材出現のない中、無店舗販売分野で健康食品の採用が広がり
                  、市場規模は二ケタ増の約八千億円になったとみられる。  背景として、ネットワーク販売とい
                  われる方法で展開する企業が数多く起業されたこと、新規事業で様々
                  な方向が模索されていることなどがあげられる。  採用されているのは、マルチタイプサプリメン
                  ト、乳酸菌や酵素等腸内環境改善素材、茸類、グルコサミン等痛み対応素材など。  一ブランド
                  で数億円から数十億円のみかけの売上があることから採用動向は関
                  心が高い。 一方で、通販やドラッグなどで、数多くの種類の製品が低価格で販売される中、既存
                  の各メーカーは主力製品の大幅リニュアルや、独自素材による本格製品開発を目指す静かな動
                  きを見せている。 特定保健用食品素材から
                  個別評価型素材への関心の推移がそれを示している。 引き続き新規参入も増えており、業者数
                  は約一万五千迄になったとみられる(転廃業も五~十%有)。  総じて、伸びている市場として
                  関心度は高く、可能性について検討する企業が増えている。
                   これに、どのように対応していくか、それぞれの位置で方向を模索したい。  また、健康情報の
                  確かさについて、一般利用者が自ら判断する時代であることも再認識したい。生理機能を確認す
                  れば、継続利用も広がり、確実な普及へとつながることになる。
    月号            2001/01/07
    コード          935
    タイトル          2001年流通ルート 様々なネットワーク販売登場 内容見極め各ルートの特性判断し展開を

                   各種ルートで採用され展開される中、数年前から急増しているネットワーク販売で採用され大き
                  な動きをみせている。  五年程前、約二百社確認されていた企業数が現在約四百社と倍増して
                  いるとともに、有力企業は数年で十億円~百億円を超える売上
                  を示す勢いとなっている。 各社、独自システム、先行加入利益、独自商品を特徴に提案、すで
                  に他のネットワーク販売で活動していた人や新たに事業を考えている人が次々に参加していくと
                  いうものだ。  訪問販売法改正前の起業とみる向きもあるが、

                  異常な増加である。高額素材・商品を短期に売上げる方法に批判もあり、消費者の立場に立って
                  の展開が求められる。  店販ルートは鈍く、一昨年上位品一社月間二万個売行のものがあった
                  が、昨年は一万個。年間二億円から三億円程度である。
                   通販低価格品も年間ハーブ等三万個からビタミンC・Ca五十万個までの間の数字で落ちつくの
                  がみえてきている。  これらの数字をふまえルート開拓の検討を進めるが、同時にインターネット
                  他様々な方法で実際の利用者への働きかけを行い独自に
                  直販システムを構築するところが増えてきた。  求める人を探し出し、利用者の声を活かし、開
                  発・販売にまで役立てようとしている。  どのルートでも流通させられる健康食品ならではの情
                  報提供の内容について、検討が続けられている。
    月号            2001/01/08
    コード          934
    タイトル          2001年素材生理機能 食薬区分使用部位から特定成分の方向  規制緩和素材リニュアル採用
                  進む
                   免疫賦活及び抗酸化機能など基礎的な研究から、各種の疾病改善機能の研究が進められてき
                  ており、機能成分や機能発揮量が重要視されてきている。  そのため、素材名だけでなく機能
                  成分・量を示し品質を保証していこうという方向にある。
                   行政が検討している食薬区分の見直し作業の中でも、特定成分、機能成分のデータベース化
                  が進められている模様。指導等はこれに基づき行われることになるとみられる。  バラつきのあ
                  る天然素材の機能成分含有量について、あらためて評価が必要と
                  なる。  数多くのハーブ素材が規制緩和されて以降、抽出法などをクリアし、日本での流通が可
                  能となったものから順次提案されている。  これも、海外では機能を確認、臨床データを示して
                  提案されているものであるため、機能成分が品質保証
                  となっている。  新ハーブの採用状況は、新シリーズとしても登場しているが、多くは、リニュア
                  ル品強化採用で、特に大型の素材まで成長する動きはない。それぞれの特性を活かし提案した
                  い。  現在の市場は、各社共、次の本格製品検討に入って
                  いる。  確実な生理機能バックデータに基づき、高品質の素材が提案され、利用者が機能自覚
                  できる確かな製品設計が必要だ。そのためにも、臨床データの内容評価が適切なものかどうかが
                  課題となる。第三者によるチェック等も検討したい。
    月号            2001/01/09
    コード          932
    タイトル          2001年原料動向 特保素材から個別評価型素材へと関心推移  医家向け健康食品開発続けら
                  れる
                   各社の開発動向をみると、本業まわりの原料をもう一度見直し、独自の機能素材を持とうとする
                  動きが増えている。  特定保健用食品素材は、更新が必要なくなったため、一定の企業資産と
                  して評価されてはいるが、生理機能表示が限定されているた
                  め、主に乳飲料での広がりとなっている。  そのため、疾病改善の機能を表示できる個別評価
                  型食品素材へと関心が推移してきた。ただ、臨床データ等が必要のため医薬品部門を持つ企業
                  が先行しているのが現状だ。  ただ、個別評価型食品に

                  向けた素材として、各種健康食品素材を位置づけ提案するところも出てきた。  いわゆる医家向
                  け健康食品として、機能成分・量等品質を保証した原料を、医薬品に近い形状(数日間から数カ
                  月間、一定量継続摂取できる形状)の製品に設計したものである。
                   医師の管理のもと医薬品を補う食品として経過観察しながら摂取し、疾病改善を目的としたもの
                  である。 製品メーカーは、ここで臨床データを得ることになる。ただ医療機関の了解、利用者の
                  了解をとるなど臨床データ取得にはルールが決められているのはいうま
                  でもない。  治療薬のない疾病、副作用のきつい医薬品等がある以上、適切な摂取をすれば改
                  善する食品素材が提案されることには、社会的意味がある。  機能・品質も含め、適切な情報提
                  供、素材提案が求められている。
    月号            2001/01/10
    コード          933
    タイトル          2001年加工動向 スーパーマルチタイプ製品模索  天然素材が本来含有する成分の内容再検討

                   無店舗ルートからの受託増加を受け、加工メーカーは二ケタ以上の伸びを示している。  この
                  需要が継続していくものかどうかは、不確定な要素があり、関係者はすでに次の提案の方向性を
                  検討し始めた。  低価格帯の製品として市
                  場に埋没しないため、各種マルチタイプ製品が流通しているが、次の本格製品として、さらに機能
                  成分等を調製した「スーパーマルチタイプ」製品が検討されている。  精製油で排除されてきた
                  ステロール成分他微量機能成分をビタミンE関連製品
                  に入れ戻してやること、精白米で排除されてきたミネラル他機能成分を炊飯油に調製すること、
                  昔からの栽培地を検討・再現した植物・茸素材など、考え方は「自然回帰」「全体食」という自然食
                  品に近い。  徹底して微量成分にまでこだわり、栽培法や抽出法
                  、精製法まで検討を加えての提案である。  これまでの食生活で摂取してこなかった(摂取でき
                  なかった)様々な機能成分は、確実な機能を発揮することが数多く報告されている。      今
                  一度、日本人の食生活を分析し、微量機能成分の
                  データを確認し、提案企業の本業・特徴を活かした「スーパーマルチタイプ」製品開発が求められ
                  ている。 既存の健康食品企業、自然食品企業、食系企業、薬系企業、新規参入企業もだれもが
                  参加できる「スーパーマルチタイプ」製品が注目される。

アルフレッサ   ファーマ㈱   『2017市場動向』 広告  http://www.alfresa-pharma.co.jp/ 
 
出版物購入申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
【出版物①】
■『ヘルスフードレポート/Health Food Report(登録商標)健康志向食品
市場動向 2016年』

体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/2016年市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約400素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約400社。受託加工メーカー/約200社。
製品メーカー/約400社。関係団体/機関その他。

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………
【出版物②】
■『ヘルスフードレポート/Health Food Report(登録商標)健康自然食品
事業者一覧2016年』

体裁/B5判130頁。9,800円送料300円。内容/全国事業者約7,000収載メー
カー/卸/小売店混在。住所/TELのみ収載(旧版未確認1,000削除)。内容/
新規収載約500社にマーク記入。事業者数(目安)北海道380/青森県76/
埼玉県231東京都1882/神奈川県301岐阜県110/静岡県253/愛知県287/
大阪府679/兵庫県265福岡県448/佐賀県46/長崎県76/熊本県168/大分県
61//鹿児島県133/沖縄県186。発行直後から移転・転廃業調査を順次実施し
データ入力(年間合計10%~20%、1,500以上郵送不着削除了承の上申込)。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
購入申込は下記記入の上送信お願い致します。
              出版物申込欄
①購入・広告出稿書籍名/既発行/『市場動向2016年』 or 『事業者一覧2016年』
②社名(個人名)/
③部署&担当者名/
④郵便番号・住所/〒
⑤電話番号/
⑥FAX番号/
⑦メール・ホームページ/
⑧冊数/                 冊
 広告スペース/カラー or 白黒  1頁
⑨合計価格/               円
⑩支払方法/ 銀行振込 or 郵便振替 or その他 を記入し発行元迄
  メール healthfoodreport2@yahoo.co.jp   fax 03-3220-1098
購入代金は書籍・請求書到着後、支払予定日に入金してください。
銀行口座/三井住友銀行荻窪支店普通  りそな銀行荻窪支店普通
郵便振替口座/他金融機関からの振込用口座
振込等手数料購入申込者負担。直販に付き返本対応(返送料申込者負担)。
…………………………………………………………………………………………
インターネット検索/データ、内容、広告閲覧(テスト収載)
『ヘルスフードレポート/healthfoodreport(登録商標)』
ホームページ http://healthfoodreport.o.oo7.jp
niftyブログ     http://healthfoodreport.cocolog-nifty.com/blog/
yahooブログ         http://blogs.yahoo.co.jp/healthfoodreport2
twitter          https://twitter.com/healthfoodrepor
facebook       https://www.facebook.com/healthfoodreport1
google+         https://plus.google.com/102391841553816817435
『美術レポート アートレポート artreport(登録商標)』 http://artreport.o.oo7.jp
………………………………………………………………………………………
 
メーカーリスト(総合)   『健康志向食品市場動向2016』広告収載